営業店でのケース別応対方法を学ぶ
〜実践記ケーススタディ 50〜

金融機関のための高齢者・認知症のお客様応対コース

  • 受講期間

    2ヶ月(一括配本)

  • 特別受講料

    10,000円(消費税10%含む)

本講座のねらい

金融機関の様々な場面における高齢者・認知症のお客様応対の原則を理解し、具体事例を吸収することで、超高齢社会に適応できる一歩踏み込んだ応対技術を身に付けることを最大の狙いとしています。

また、「認知症サポーター養成講座」を受講・修了された方々の次のステップとして、さらに実践的な技術習得につながります。

教材

教材
  • テキスト

    1冊

  • 課題

    1冊(2課題)

  • 解答カード

    2枚

  • 受講マニュアル

    1冊

本講座の特色

  • 急速に増加するご高齢のお客様への応対方法を事例から学ぶことができます。

  • 金融機関関係者、ケアマネージャーなど専門家によるきめ細かい監修

  • 受付・窓口・訪問など豊富で実践的な50ケースの詳細な解説

  • すぐに役立つ充実の資料編
    (成年後見制度・ユニバーサルサービスの解説)

カリキュラム

第1章 ご高齢のお客様の特徴と認知症

学習内容
  • 1.

    超高齢社会についての基本的な理解

  • 2.

    加齢による身体的特徴と傾向

  • 3.

    加齢による精神的特徴と傾向

  • 4.

    認知症を取り巻く社会状況

  • 5.

    認知症の心理的特性

  • 6.

    認知症の周辺症状・具体事例を知る

第2章 高齢者・認知症のお客様への接し方

学習内容
  • 1.

    お客様の気持ちをイメージする

  • 2.

    言葉に気持ちを込めて

  • 3.

    コミュニケーション上の配慮事項

  • 4.

    大前提となる「8つの原則」

第3章 営業店でのケース別応対方法 実践ケーススタディ50

学習内容
  • 1.

    一般的な高齢者の事例

  • 2.

    A T M でのパターン

  • 3.

    認知症が疑われるパターン

  • 4.

    預かり資産に関しての対応(投資信託・保険)

  • 5.

    融資の依頼

  • 6.

    振り込め詐欺が疑われる場合

第4章 発展資料 ユニバーサルサービスの実践と成年後見制度

学習内容
  • 1.

    ユニバーサルサービスの実践手法

  • 2.

    成年後見制度