営業店でのケース別応対方法を学ぶ~実践ケーススタディ50~

金融機関のための高齢者・認知症のお客様とのコミュニケーション講座

・〈マークシート添削〉
・〈インターネット添削〉
⇒添削方法選択

  • 受講期間

    2ヶ月(一括配本)

  • 特別受講料

    12,100円(消費税10%含む)

本講座のねらい

サービスを提供する側として、ご高齢のお客様に安心していただけるサービスを常に考えなければなりません。

金融機関の様々な場面における高齢者・認知症のお客様応対の原則を理解し、具体事例を吸収することで、多様化している超高齢社会に求められるコミュニケーション手法を学びます。

教材

  • テキスト

    1冊

  • 課題

    1冊(2課題)

  • 解答カード

    2枚

  • 受講マニュアル

    1冊

※インターネット添削を選択の場合は課題・解答カードなし

本講座の特色

◆ 受付・窓口・訪問など豊富で実践的な50ケースの詳細な解説。

◆ 「認知症サポーター養成講座」を受講された方々のステップとして実践的な習得につながります。

◆ より深い接客水準が求められる高齢者・認知症のお客様への効果的な接客サービスの手法が満載。

◆ 金融機関関係者、ケアマネージャーなど専門家によるきめ細かい監修。

◆ すぐに役立つ資料編(第4章)は、地域・関係機関との連携を保つ上で必要な情報をまとめています。

カリキュラム

これからの時代のお客様対応と役割

学習内容
  • ユニバーサルサービスの考え方

  • 気づきを深める

  • 新しい価値の創造とコミュニケーション

  • アサーションから気づきを実践する

ご高齢のお客様・認知症状のあるお客様の特徴と応対

学習内容
  • 超高齢社会の現実

  • 高齢者の特徴と応対

  • 災害と高齢者

  • 認知症の基本の理解

  • コミュニケーション方法を考える

営業店でのケース別応対方法実践ケーススタディ50

学習内容
  • 一般的な高齢者の事例

  • ATMでのパターン

  • 認知症が疑われるパターン

  • 預かり資産に関しての応対(投資信託・保険)

  • 融資の依頼

  • 振り込め詐欺が疑われる場合

4周りとのつながりを考える(資料編)

学習内容
  • 成年後見制度

  • 地域とのつながり(連携窓口・関係機関)

  • 高齢者の消費生活環境

※カリキュラムは一部変更になることがあります。

※お申込み時に添削方法の選択がない場合は、マークシート添削とさせていただきます。