上司として部下にどう対応する?!

〈改訂版〉部下を「うつ」にしない職場をつくる!
〜実践ですぐに使えるメンタルヘルス・ガイドライン〜

〈インターネット添削〉

  • 受講期間

    2ヶ月(一括配本)

  • 特別受講料

    13,200円(消費税10%含む)

本講座のねらい

メンタルヘルスケアを危機管理の一環とととらえ、「上司としてできること、しなければならないこと」を明確にし、部下とのかかわり方を、法的意義・ガイドラインに沿って学びます。

教材

教材
  • テキスト

    1冊

  • 「Selfマイチェック」

     

  • 「セルフケア・マイブック」付

  • インターネット添削

    1回

本講座の特色

  • 部下が「うつ」になったとき、上司として“何をしなければいけないのか”“どこまで対応すればよいのか”を法的な観点を含め具体的に解説しています。

  • 実践に即した豊富なケースにより、現場をイメージしながら学習を進めることができます。

  • 「Selfマイチェック」「セルフケア・マイブック」により、自らの健康状態がわかり、ストレスケア対策を行なえます。

カリキュラム

序章 メンタルヘルスの意義と重要性

第1章 「うつ病」を生まない職場環境づくり(一次予防)

学習内容
  • 1.

    コミュニケーションで「うつ病」を防ぐ

  • 2.

    定期健康診断・超過勤務対策で「うつ病」を予防する

  • 3.

    上司としてのかかわり方

第2章 「うつ病」を悪化させない職場対応(二次予防)

学習内容
  • 1.

    「うつ病」を悪化させない早期発見とは

  • 2.

    不調の原因をつかむ

  • 3.

    メンタルヘルス・マネジメントの留意点

第3章 「うつ病」を再発させない職場復帰支援(三次予防)

学習内容
  • 1.

    長期休職中に上司ができること

  • 2.

    再発させない職場復帰支援

  • 3.

    復職復帰支援の流れ